Loading

アジングBLOG

JYARASHI(ジャラシ)1.9インチ

 

艶めかしく誘う

 

年間通じて安定した釣果を期待できる定番ワームとはどんなものが良いのだろう・・・
色々と考えてみました。
勿論、過去の釣行データや購入しているワームなども見直してみたり。
全国で様々な人との会話を思い出したりしました。

サイズは使いやすい1.9インチ。
ピンテールの微波動系ワームが浮かびました。
形状が決まったらその形状の欠点を考えて更なる進化を加えられないだろうかと考えました。

そこで出てきたのが気になる欠点でした。

使うたびに気になる吸い込みにくさ

様々なピンテールを実際にいくつも使ってきましたが、気に入っていると同時に『吸い込みにくさ』
を感じることも比例していました。

ピンテールは全体的にテーパー状のデザインが多いのですが、アジやメバルが吸い込んだ時に曲がって欲しい部分が細いもので直径2mm〜3mmです。

全体のデザインが細いワームもありましたが、私はボリュームが有りつつ、吸い込み易いピンテールを求めていました。

それはボリュームがあればアピール力も有り、またワーム単体の重量もあるので軽いジグヘッドでも良く飛び広範囲に探れるからでした。

 

そして更なる進化へ

1.9インチのサイズで吸い込み易くするには口に入り易い様に曲がらないといけない訳です。
色々な方法を考えました。

 

80428c_331045a1d8e94fe3bd61cccaa24e4bd3

 

80428c_514b8bd7662447d8871756e0881786e1

 

ほんの数ミリの違いかも知れませんが相手は、アジ・メバルなので表層に浮遊するプランクトン
を小さな口を開け泳ぐだけの食い方をする事もあるのです。
そんな弱い吸引力でも出来るだけ対応したいですよね。

またロッドアクションを付けても上下2方向からのみのリブなので横方向に曲がりすぎず、上下方向もリブ同士が当たって必要以上に曲がらない。しかし魚が吸込む瞬間的な吸引力には十分に曲がって口に入ってくれる。

ボディ中央の深いリブは決定しました。

続いてテール形状は敢えて動き過ぎるのを止める為、1mmピッチの軽いリブを付け水流抵抗が少しでも掛かるようにしました。

ボディ前方はフックに刺さる部分なので吸込みにはほとんど影響しません。
そうなると考えるのは少しでも重量を増し、飛ばしたい!!
しかし余りに太いと吸い込みの邪魔になりますので色々とテストした結果、ボディ直径5mmに決定!また刺し易い様に両サイドに溝を入れ針を刺しやすくしました。

 

 

ワーム単体平均重量 0.61g

 

十分な重さを確保出来たので、軽いジグヘッドでも非常に使いやすいワームになりました。

実際に海中での動きを見てみるとボディ中央の深いリブは、ただ柔らかいと言う動きではなく。
艶かしく流れる様な魅惑のアクションを実現できました。

そんな艶かしく誘うアクションと猫ジャラシと重ね合わせてジャラシと命名しました。

 

 

  • コメント: 0

EBIFLY(エビフライ)1.5インチ

サイコロヘッド開発ストーリー

関連記事

  1. ワーム開発ストーリー⑤

    2017.05.19
  2. ワームの重さと飛距離

    2017.02.03
  3. EBIFLY(エビフライ)1.5インチ

    2017.02.03
  4. ワーム開発ストーリー④

    2017.04.20
  5. 【海の中で】ワーム開発ストーリー⑥

    2017.06.09
  6. Pinch(ピンチ)

    2017.02.03

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP