Loading

アジングBLOG

【 アクション 】 レクシー2.0開発ストーリー④

 

 

アクションのポイントは☝️

『 水を切り裂いて上昇 』

海中の小魚などを見てみると
『ピュッピュッ!』っと非常にクイックに動き、ピタッと止まります💡

その動きを再現したい。
そのイメージが始まりでした。

 
スムーズに上昇させるには丸い形状では水圧を受け止めて抵抗が大き過ぎるのです。
その為、水を切り裂く形状が必要になり、この背鰭の様な形状で再現出来ました。

 

 
次はアクション後の止めを再現する為にスリムなボディのままフォール時の水流を受けるには
下面を限界まで平らにして沈下方向の水流を受け止める様にしました。

 

 

レクシーのオススメアクション

上方向へのトゥイッチ後の 『 止め 』

《止めのアクションについて》
止めがアクション⁉️

実は単純にロッドアクションをしない訳ではありません。
ワームの動きを止めるアクションを付けるのです。

トゥイッチ後
「 ほんの僅かだけロッドを引いてやる 』

何もしないとテンションフォールとなりジグヘッドの鉛の重さで頭下がりで沈んでしまいます。
ほんの僅か引いてやる事で頭下がりになるのを止める事が出来るのがポイントになります。

瞬発的に上昇してから下がる事なく『 止まる一瞬の間 』それが鯵の捕食のスイッチを入れます。
レクシーはその『 止め 』のアクションのメリハリが非常に簡単に再現し易いのです。

 

 
もう一つのオススメアクションは

テンションフォール

『えっ⁉️』と思われるかも知れませんが水流を受けて受け流すシンプルなアクションです。

ワーム本体の形状や硬さ、フォールスピードに直結するジグヘッドの重さで変わる奥の深いアクションです。
レクシーでの私のオススメは1.0g以下でワームの動きを活かすには軽い方がオススメです。

頭下がりで斜めのフォール姿勢の為、背中の背鰭部分と両サイドの溝で水流を受けて、ジグヘッドの鉛を支点となり、頭を固定してテールを左右に揺れながらフォールします。
更に従来のワームよりも下面でしっかり受けるのでフォールスピードが遅くゆっくり見せる事が可能。

 

 

揺れながらゆっくり沈むワームを鯵が追尾して食う瞬間
ヤバいですよね💡
サイトで何度も経験してますが驚きます。

 
オススメのアクションで今までに無かったワームアクションを楽しんでみて下さい‼️

 

 

次回はカラーについて書かせて頂きます。
宜しくお願い致します。

 

 

アンフィ防府店展示即売会開催!

【 欲しいをカタチに 】 アジクト38開発ストーリー①

関連記事

  1. 【ファーストサンプル】 セクシービー2.0スーパーソフト開発ストーリー②

    2019.02.13
  2. 【カラーラインナップ】 セクシービー2.0スーパーソフト開発ストーリー④

    2019.03.04
  3. EBIFLY(エビフライ)1.5インチ

    2017.02.03
  4. 【海中動画】アジボーン開発ストーリー⑥

    2018.11.13
  5. 【 ファーストサンプル 】 レクシー2.0開発ストーリー②

    2020.01.15
  6. 【ファーストサンプル】ワーム開発ストーリー②

    2018.02.14
PAGE TOP