Loading

アジングBLOG

Crystar63BF-premier 開発ストーリー

 

 

❶ きっかけ

 

55BF-masterは軽いリグでの繊細なアジングには最適なベイトフィネスロッド。
僅かな潮流の変化を感じ、食い渋る鯵を軽いジグ単でヒットに持ち込む楽しさを感じられる1本に仕上がりました。
ただ、アジングとして考えると張りのあるブランクで『バシッ!』っと掛けるたのさもあります。

61T-ACTの様にM40Xを全身に使ったブランクのベイトフィネスロッドがあると更に楽しさが増すのは間違いない!と考えて製作をスタートしました。

 

 

❷ 究極を目指すには

 

今回は飛距離、パワー、取り回しの良さを考えてレングスを6ft3inchとしました。
イメージするパワーでこの長さだとハイテーパーブランクスルーを採用した方がバットパワーと反響感度からも良いと考えました。

※ハイテーパー部分は太く硬いので55BF-masterはショートレングスで全体が曲がるロッドには不向きなので不採用としました。

 
ガイドは55BF-masterと同じく
“ショートスパイラル”セッティング
スパイラル部分の3箇所はSic、他は全てトルザイト

まずは61T-ACTベースでサンプル製作
楽しみでなりません♫
 

 

❸ ファーストサンプル

 

届いて即!素振り!
からの海へGo!
 


 
ジグヘッドやプラグなどをシェイクした時の振動の伝達がヤバい!
今まで味わった事のない反響感度

『ビンビーン!!』と痺れる様な感覚がリールシートに伝わってきます。

最先端高弾性40tカーボン”M40X”をフルレングスに使い”ハイテーパーブランクスルー”のメガホン効果で増幅し”完全アーバーレス”にて伝達

この反響感度は予想を遥かに超えてただ驚くばかりでした!
 


 
ただ、ガイドの数が多く張りが出て硬くなると考えてましたがあまりにパワーが強い(汗)
18gのメタルジグが投げれるほどのパワーになりました(笑)
 


 

大幅なパワーダウンの修正をお願い致しました。

 

 

❹ セカンドプロト

 

届いて振った感じだと、柔らかくなって丁度良さそうなイメージ
海へ行ってキャスト!
 


 
感度は文句なし!
ファーストプロトよりも感度がアップしてるのにびっくりです。
 


 
2投して感じたのが
キャスト時の”僅かなブレ”
気付かない人もいると思うレベルですが嫌ですから!
 


 
パワーダウンした事でブレてる箇所出てしまったのでその箇所を修正依頼

感度が良くなって操作性、パワーもイメージ通り♫
正直、ヤバいくらいにワクワクしてます!

 

 

❺ サードプロト

 

遂に来たー!

ブレ無し!
感度は更にアップ!
キャストもし易く♫
最高!の一言

痺れる感覚と言葉で言いますがマジで手に伝わる痺れる反響にびっくりです♫
 


 
リグの扱い易さに関しては張りのあるチューブラーロッドですがジグ単0.5gも普通に扱え、重いジグヘッド、ハードルアー、10gまでのメタルジグ、フロートまで!と今までにないルアーウエイトキャパに仕上がってます。
 


 
軽いリグの操作性を55BF-masterと比較すると55BF-masterが柔らかさを活かしティップに掛かるテンションの”抜き入り”で潮流の変化を感じるのに対して
63BF-premierは硬く張りがあります。
テンションの”抜き入り”で感じるのでは無く、40tカーボンM40Xの反響感度の良さで潮流が分かる感覚です。

勿論、工夫もしてあります!
61T-ACTと同じ仕様でティップ27cmに敢えて4軸シートを使わない事でブランクの張りの違いを演出!
そうする事でチューブラーなのに擬似的なソリッドの感覚感じられるのです。
 


 
当初想像をしていた感度を遥かに上回る”痺れる反響感度”
本気で使える幅広い”ルアーウエイトキャパ”
最高のベイトフィネスロッドに仕上がりました!
 


 

 

❻ 遂に完成!

 

ガイド
 
軽さ糸抜けを意識して内径がより大きいチタンフレームトルザイト(ダークグレー)採用
 

 
※スパイラル部分3箇所はラインが常に当たる前提なので、より熱放射が良いチタンSic(ダークグレー)採用

 

ティップ
 
先端より27cmに敢えて4軸シートを巻かない!
ブランクの硬さ変化を敢えて作りブランクの復元にタイムラグを発生させました。
疑似的なソリッドを演出し潮流の変化を伝えます。
 

 

ブランク
 
東レ最先端40tカーボン”M40X”を先端よりエンドまでベース素材に使用
 

 
 
ベイトフィネスロッド初”ハイテーパーブランクスルー”
 

 

リールシート
 
富士工業”ECS”リールシートを”完全アーバーレス”で採用
ClearBlueオリジナルのメタリックブルーで塗装
 

 

 

エンドマーク
 

 

 
最先端カーボン素材M40X、ハイテーパーブランクスルー、完全アーバーレス技術を使い
最高の反響感度のチューブラーベイトフィネスロッドが誕生しました。

 

 

 
名前の由来
63BF-premier
 

 
BF…ベイトフィネス
premier…最高の。No.1。

 

 
今までのチューブラーロッドのイメージを一新します!痺れる程の反響感度
軽量ジグ単からプラグ、メタルジグ、フロート、キャロまで今までに無い実用ルアーキャパでアクティブに攻めて掛けていけるベイトフィネスロッドが誕生致しました!

 

 

キャスティング岩槻インター店/市原16号店展示即売会開催!

THE BACK WATER コラボ

関連記事

  1. 【特化型】ロッド開発ストーリー②

    2017.05.24
  2. 【ファーストプロト】ロッド開発ストーリー③

    2017.06.06
  3. 『ファーストプロト』 クリスター57+ 開発ストーリー③

    2021.02.22
  4. 【セカンドプロト】ロッド開発ストーリー④

    2017.06.20
  5. Crystar56FinderXtech開発ストーリー

    2022.02.18
  6. 【イメージ】BlueMagic 64Exciter 開発ストーリー②

    2018.08.07
PAGE TOP