Loading

アジングBLOG

アジングチューンラインローラー開発ストーリー

 

 

① 長年求めていた

 
私のラインローラーへのこだわりは長く16年くらいになるかと思います。
当初はラインの糸ヨレの対策として考え始めたのがキッカケでした。

リールのラインローラーは皆さんいかがでしょうか!?
そんなに変わるの?と思われる方がいらっしゃるかと思います。
実は劇的に変わります!

 

② 試行錯誤

 
昔はスムーズに回転する方がヨレないのではないか?と考えていました。
メンテして油を挿してよく回る
『ヨシ!バッチリ!』

実際に使うと上手くいかず、色々な試行錯誤が長年続きます。
回れば良いと言う訳では無いのが難しいところです。

アジングはトゥイッチしたりテンションを抜いたりと細かなアクションをロッドで付けてラインが弛んだ状態でリールを巻く機会が多いです。
※ラインに一定のテンションが掛かった状態で巻くとは限らない!

アジングに合わせて色々と試していきます。
オイルは勿論、グリス

 

 

 
粘度もサラサラからかなり硬いものまで、そして敢えてのプラスチックカーラーで回転させないなど

 

 
色々と試していく中で回るだけでは良くないと言う事に気が付きます。
その為、オイル、グリスはめっちゃ増えました(笑)趣味の延長です。

 

③ 出会い

 
色々と試している中、レビテーションエンジニアリングさんよりラインローラーが販売され早速試してみると
すぐに違いを感じます。
反響感度が劇的にアップ!
ジグヘッドをシェイクした時、ライン、ロッドを通して響く感覚が今まで使った事があるものとは全く違うのに驚きました。

感度は劇的にアップしますがトラウト用に作られたものなのでそのままではアジングには向かない…

レビテーションエンジニアリング代表の横沢さんとお話させて頂き、アジング用にコラボをして頂ける事になりました。

 

 

④ アジングに対応

 
今までの経験からベアリングの粘度がポイントだと考え、テストスタート!

 

 
様々な粘度のオイル、グリスでテストします。
ある程度、ベアリングの下準備してから釣行!
ダメなら現場でベアリング交換(笑)
本当に色々あるので現場ですぐにチェックしないと時間が足りません。

 

そんなに差があるの?と思われるかも知れませんが全然違うんですよ!
ベアリングので全く変わるのが面白い!

 

 
ダメなものは5投したらラインがクルクル(笑)
試行錯誤しながら方向性が出たところで、ベアリングの粘度だけで無く、ラインローラー本体の設計を一から見直すと言うお話を頂き急転!

おぉ!楽しみが広がります✨

 

⑤新設計ボディ

 
従来と新設計の違い。

 

 
並べると全然違う(笑)
さぁどうなるか⁉️

 

 
楽しみ過ぎてテンション上がる‼️

おぉ…
テーパー角度が変われがラインの設置面が変わり全くの別物になりました。

ここから改めてアジングに合わせたベアリングを選ぶテスト‼️

以前のテストを活かしてスムーズに決まりました✨

 

⑥ 完成!

 
遂にアジング用のラインローラーが完成しました‼️
 

 

 
感度爆上がり‼️
糸ヨレも軽減‼️

 

納得の仕上がりです。

スプールに巻いたラインなので、ラインに癖が付くのは付きますが、鯵を掛けて釣り上げると真っ直ぐになります(笑)

 

ダイワとシマノの2タイプ
※対応機種なのか必ずご確認お願い致します

 
カラーは2色
 

ブルー

 

 

シルバー

 

 
私自身非常に嬉しい製品を完成、発売出来て感無量です!
快適なアジングを満喫されてください!!

 

 

 

釣りのポイント2024展示即売会開催!

関連記事

  1. 『 BF-Airy 33mm 』開発ストーリー

    2022.05.20
  2. 【 gama-guchi POUCH BAG 】開発ストーリー

    2023.02.17
  3. THE BACK WATER コラボ

    2022.03.15
  4. FULLCLIP × ClearBlue コラボ アジングバッグ

    2022.10.31
PAGE TOP