Loading

アジングBLOG

『 プロトフック-2 』 サイコロヘッドJr. 開発ストーリー④

 

実釣テストにて選んだプロトフックを量産に向けて型取り。
型製作でのサンプルフックをいざ実釣!!

 

 

今回は大分のフィールドスタッフ東と共に実釣テストをスタート。

 

 

 

『サクッ!』と非常に良い感じです。

 

 
型で作った針なので形は共通。
他には何をテストするのか?

次に見るのは『 針の硬さ 』です。
針の硬さは刺さりにも大きく関係します。
柔らかければフッキングパワーが吸収されて刺さりは悪くなります。
硬いと刺さる力はあるものの力の逃げ場が無く折れる可能性が出てきます。

全て共通の設定ではなく、針の大きさ、形、ゲイプの向きなどに合わせた絶妙な加減が必要なのです。

今回、サイコロヘッドJr.の針に合った硬さを模索し変更をお願い致しました!

これでバッチリかと♫
あとは最終的な針にて確認です。

 

 

 

【ロッドイメージ】クリスター60フォーカス開発ストーリー②

【ロッドイメージ】クリスター57+開発ストーリー②

関連記事

  1. 【開発スタート】サイコロヘッドTough 開発ストーリー①

    2017.12.20
  2. サイコロヘッドmini 開発ストーリー ⑦

    2017.04.10
  3. 【きっかけは】サイコロヘッドJr.開発ストーリー①

    2021.01.05
  4. 『 プロトフック 』 サイコロヘッドJr. 開発ストーリー③

    2021.01.21
  5. サイコロヘッドSOKU開発ストーリー

    2017.02.03
  6. 【実釣テスト】サイコロヘッドTough 開発ストーリー③

    2018.01.25
PAGE TOP