Loading

アジングBLOG

Crystar 62CRAZIST 開発ストーリー

 

非常に思い入れの強いロッドがようやく完成致しました!
今まで作ったロッドの中でこの 【Crystar62CRAZIST】が一番時間が掛かり試作本数も多くなりました。

手間と時間が掛かったロッドほど可愛いもんです♫
試行錯誤の記録を是非読んでください。

 

① リクエスト

構想は5年以上前と販売に至るまで相当時間が掛かったロッドになります。
その間、お客様より『重いリグが投げれるロッドが欲しい!』など多くのリクエストを頂きました。

そう!
今回の《 62CRAZIST 》はヘビーウエイトがキャスト可能なロッドになります!

 

② 何故、6ft2inchなのか?

キャロやメタルジグなどをヘビーウエイトのルアーの使用を想定したロッドの場合、長さから生まれるブランクのしなりとパワーを使い、飛ばせるロッドの為、ほとんどのロッドが7ft以上。《飛距離を最優先》に考えると確かに長さを活かす必要があります。
私も過去に様々なロングロッドを使ってフロートやキャロ、メタルジグなど使ってアジングしましたがパワーがあるロングロッドは出番が少なくなっていきました。
フロートやキャロを考えた時、飛ぶのであればリグの操作性やフッキングスピードを考えると短いロッドの方が明らかに良いのです。
ジグ単とメタルジグは短いロッドの方がやはり良い!
そう考えた時、従来のフロートやキャロを中心にロッド製作をスタートするのではなく、逆の発想でロッド製作を考え始めました。

現実的に感じたのはショートロッドで遊んでいて
『フロートやキャロ、メタルジグも投げたいな!』と感じる事が多いので、ショートロッドで作る事にしました。

ジグ単の操作性や飛距離などを考えて6ft2inchにしました。

 

③ 試行錯誤の連続

イメージは出来たのでそれをカタチにしていく。
ジグ単を中心に考えるとソリッド!20gまでのキャストを想定して太めで設定しました。

 

《 First sample 》

届いて素振り!
まさに『棒』

早速試投!

私は硬いロッドで、軽量ジグ単を使い『バシッ!』と掛けていくのが好きなのです。
そんな私が見ても硬すぎる・・・

30〜40gくらい投げられるくらいのパワー(笑)
初めの1本ですのでここからです!

 

 

《 Second sample 》

届いて素振りからの試投!

まだまだ硬いかな
太いソリッドがやっぱり重いのでバランスの悪さをしてる感じ。
まだオーバーパワーな感じなのでパワーダウンとタックルバランスの調整

感度的にもまだまだ出せる感覚なので非常に楽しみ♪

 

 

《 Third sample 》

届いて素振り!
感覚的に若干柔らかくなっていい感じ(一般的にはびっくりするほど硬いと思う)

試投にてメタルジグ5〜25gまでキャストして感覚を確認します。
5gのボトム着底が分かるんだけど・・・

 

 

もっと分かる様にしたい!
25gまで快適なのでやはりオーバーパワー

 

《 Fourth sample 》

メタルジグの着底感覚に注目、着底がいかに分かり易く出来るか?
全く分からないって訳じゃないのご注意ください!
強風時など悪天候時も想定して考えるとかなり分かり易くする必要があるなと。
この事はティップ部分への負荷の伝達なので潮流の変化にも直結してくるので大切なんです。

ここで素材を振り返ります。

ソリッド:30tカーボン
#1:T1100G
#2:M40X

今まではこの様な素材で試作していましたが今回のサンプルはソリッドを変更!

30tカーボンでテーパーを変更
24tのカーボンで従来のテーパー

 

 

メタルジグが着底しティップに掛かるテンションが抜ける感覚をソリッドのテーパーを変えたり、素材を変えてチェック!

まだもう一歩のイメージなのです。
ソリッドを細くすれば簡単なのですが重いリグをキャストする時の破損リスクが高くなるので
まずはよりテンション抜けが出る様に#1のチューブラー部分を柔らかく変更

 

《 Fifth sample 》

ソリッドは前回と同じで#1のチューブラー部分を柔らかく変更
これでテンション抜けが出易くなるハズ・・・が

柔らかするとテンション抜けは出易くなりますが
反響感度は下がってしまうので逆に分かり難くなってしまった
調整していた限界を超えたイメージです

 

 

今まで調整して頂いてることはかなりレベルの高い事で正直この段階でもかなり感度と操作性がいいのは間違いありません!
調整の限界を迎えたタイミングは決断の時なのですが更に一歩抜けたい私のわがままで、ここから大幅な仕様変更をお願い致しました。

 

《 Sixth sample 》

大幅な仕様変更をお願い致しました。
着底の感覚を【抜け】で調整していましたが限界なので大きく路線変更!
圧倒的な【反響感度】で着底を掴もう!と考えました

 

[ 仕様変更 ]
チューブラー
ハイテーパーブランクスルー
フルレングスM40X
カーボンリールシート(OPS-1)
完全アーバーレス

現時点で考えうる最高の反響感度仕様!

 

素振りの時点で『 違う! 』ヤバさ全開で感動するレベルです!
テンション爆上がりで海へ

0.8gのジグ単から20gのメタルジグ、フロートまでを試投
反響感度は尋常ではなく今まで感じた事がないレベル(笑)
今までのチェック項目であったメタルジグの着底も抜けではなく【反響感度】で今までよりも鮮明に分かります!

 

 
ここまで書くと決まり!と思うと思いますが・・・
最後の微調整

感覚ばかりのお話ですが、もう若干の【抜け】が欲しい
究極の贅沢です

 

《 Seventh sample 》

非常に難しい調整でいくらM40Xでも薄くし過ぎるとパワーロッドでは破損に繋がります
今回#1をチューブラーサンプルでT1100Gで製作

素材を変えるだけでここまで変わるのか!
正直びっくりしました。
チェック内容は前回と同じですが15gのメタルジグの操作が流れに負ける・・・
感度もダウン
M40XとT1100Gの圧倒的な違いを知ることが出来た良い機会です。
適材適所で使う事でそれぞれの良さを活かせるんだと勉強になりました。

 

では、どう調整し直すのか?
ここで活きてきたのが、61T-ACT、63BF-Premierの4軸シートの調整です。
素材を変えてしまうと大きく変わるので4軸シートの巻き位置を変更
これでバッチリ決まるはずです!

 

《 Last sample 》

ここまで色々と調整してきてようやく辿り着きました
ベースは前々回と同じなので持っただけで驚くレベルです!

[ 仕様 ]
チューブラー
ハイテーパーブランクスルー
フルレングスM40X
カーボンリールシート(OPS-1)
完全アーバーレス

早速、海で試投!

『 ドンピシャ!』
まさにキター!!って感じです

4軸シートの巻き始めの位置を変えることで絶妙な柔らかさを出す事が出来ました

今までの流れだとPE主体なのですが是非試して頂きたのがエステルでのジグ単!
驚くほどのキンキンの反響感度で0.8gのジグ単も楽々使え、『バシッ!』と掛けていけます♪
個人的には0.5gも超軽量のふわふわアクションの操作もいい感じでした

 

 

5g〜20gのメタルジグも抜群!
掛けていける楽しさが最高です
パワーがあるので根魚にも抜群です♪

 

 

エクスパンダ19gも70m超えとヤバいくらいに飛びます!
6.2ftでこの飛距離は十分ではないでしょうか
圧倒的な感度と操作性でフッキングも優位に持ち込めます!!

 

 

また、軽いライトエギングにも♪
アジングしててアオリがいる!なんてありますよね
本気ではないので小さめのエギを投げで【スラックジャーク】で楽しみます。

 

 

 

鯵だけでなく、メバル、チヌ、真鯛、カマス、アオリイカなど様々な魚種をお楽しみください!!

 

 

 

 

 

④ 完成

 

[ ガイド ]
チタンフレーム(ダークグレー)トルザイトリングガイド使用

 

[ ブランク ]
東レ(株) 最先端高弾性 40t 炭素繊維素材「トレカ ®M40X」をフルレングス、ベース素材に使用。
オリムピック社のハイテーパーブランクスルー技術を採用。
バットパワーを落とさずに軽量化が可能となり、さらにグリップエンドまで突き抜ける反響感度を実現!
 

 
先端より26cm以外に4軸シートを使用。
ブランクに張りの変化を持たせる事で潮流の変化も感じ易くなりました。
 

 

[ リールシート ]
オリムピック社オリジナルカーボンリールシート『OPS-1』を[アーバーレス]にて採用
人間工学に基づき握り易いデザインで非常に高い反響感度を実現!
今まで以上にチューブラーロッド特有の反響感度をダイレクトに感じて頂けます。
 

 

[ エンドマーク ]

 

 

[ 名前の由来 ]
62CRAZIST
Crazy…狂った
ist…する人
合わせた造語……CRAZIST

最高のこだわりで過去一番、手間暇が掛かった分、とても愛着のあるロッドに仕上がりました。
幅広いターゲットが狙える新しいロッド【Crystar62CRAZIST】が誕生!

 

キャスティング福岡店ライトソルト大展示会開催!

Crystar 511BASK 開発ストーリー

関連記事

  1. 『ファーストプロト』 クリスター57+ 開発ストーリー③

    2021.02.22
  2. 【イメージ】BlueMagic 64Exciter 開発ストーリー②

    2018.08.07
  3. 『OK!』クリスター57+開発ストーリー④

    2021.03.22
  4. 『完成!』クリスター60フォーカス開発ストーリー⑤

    2021.04.01
  5. 【ワクワクしたい】BlueMagic 64Exciter開発ストーリー①

    2018.07.20
  6. 【DESIGNO】ロッド開発ストーリー⑥

    2017.07.20
PAGE TOP