Loading

アジングBLOG

サイコロヘッドFine開発ストーリー

 

 

❶ よりシャープに

極豆鯵向けに、よりシャープなジグヘッドが欲しい!
より細く刺さりを重視したジグヘッドの開発をスタート。

サイコロヘッドminiは豆鯵だけでなく、食い渋る尺鯵も想定して線径0.51で製作。

今回は極豆鯵、豆鯵に特化し、軽い力でも刺さる様に細軸は必須。
0.435mmの線径を使用しました。
 

 

❷ カタチを考える

針のカタチはClearBlueオリジナルで作っているのでイチから考えていきます。

リクエストの多かった

『アイを大きく!』
のご要望にもお応えする設計と言う事で鋼線を手で曲げて形を作っていきます。

今回はベースとなる形を意識して作り始めました。
ベースは『サイコロヘッドmini』
理由はminiの実績にありました。
アンダー10cmを中心にテストを繰り返し、極豆鯵7cmも掛けることができていたからです。
しかし偏ってしまうのも良くないので違いを持たせて何種類か作り比較してテストを行うことにしました。
 

 

 

❸ 比較テスト

実釣テストには数種類のサンプルフックをチェック!
どのワームを使うのか?で差が生まれます。

テストワームには『アジール2.0』
特に豆鯵に愛用し、使い込んでいるので差を感じやすいからです。
そして新作ワームのセクシービーFine1.5 でテストを行いました。
 

 

青森、横浜、大阪、山口、福岡、呼子、大分など
各地で豆鯵を釣って比較テスト!
 

 

 

 
数種類の中から1番ヒット率の高かった針を選んで型取り。
若干の差が実際に使うと結構違うので、コレを体感すると非常に面白く奥深さを感じます。
毎回新しいジグヘッドを作る時には、このような段階を踏んで作るので、時間と手間が掛かります。しかし、この方法が1番間違いないのです。

 

 

 

❹ 再テスト

念の為、型から出来た針を再度確認!

 

 


 

今回の針の特徴は

『吸い込みやすく、アタリがデカい!』
非常にアタリが分かり易いので、豆鯵を掛けて行き易いんです。

最終チェックを終えたら量産です。

更に今回は細軸なのに加えて表面加工を” フッ素加工 “にしました。
非常に楽しみな針になりましたよ♪
 

 

❺ ラインナップ紹介

ヘッド形状はサイコロヘッド
 

 

ラインナップ 6アイテム
0.2g / 0.4g / 0.6g / 0.8g / 1.0g /1.2g
 

 

今までになかった超軽量ウエイト ” 0.2g “も追加!
潮流の緩い場所での豆アジングにオススメです。

軽い力でも刺さる様に ” 0.435mmの細軸 “
ツルツルで抜群の滑りの ” フッ素加工 “
フック形状は完全オリジナル 豆鯵特化仕様!

新たにラインナップに加わることで
より鯵のサイズに合わせて楽しんで頂ける様になりました。

 

 

“ サイコロヘッドFine “

今までとは違う刺さりの感覚をお楽しみください!

 

 

釣りのポイント展示即売会開催!

フィッシング遊静岡池田店・名古屋北店展示即売会開催!

関連記事

  1. サイコロヘッドmini STORY③

    2017.02.21
  2. サイコロヘッドmini 開発ストーリー ⑧

    2017.04.26
  3. 『 最終確認とラインナップ 』 サイコロヘッドJr. 開発ストーリー⑤

    2021.02.08
  4. 【フック最終確認】サイコロヘッドTough 開発ストーリー④

    2018.05.25
  5. サイコロヘッド開発ストーリー

    2017.02.03
  6. サイコロヘッドmini 開発STORY②

    2017.02.14
PAGE TOP