Loading

アジングBLOG

【イメージをカタチに】ハンドメイドワーム開発ストーリー②

 

ハンドメイドワーム、私が感じる最大の魅力は

『柔らかさ❗️』

その柔らかさを活かし魚を集められるアクションの再現が出来れば❗️と考えスタート致しました。

 

【ワームのアクションで魚が集まる】

『えっ⁉️』
当たり前じゃんと思われる方もいらっしゃるかと思いますがこれが意外と差があるんです…

アジの目の前を通った時だけ反応するものもあれば、ただ巻くだけで遠くからアジが寄ってくるアクションもあります❗️

実に不思議です(笑)

 

今まで製作したワームを海中でアクション確認している時
ジグヘッドを結んたライン(30cm)を私が持ち泳いでいるのにも関わらず遠くから寄ってきて目の前でバイト❗️
これには想定外でビックリさせられました💡

 

魚が興味が湧くアクションを再現する為、まずは不器用ながら自作スタート❗️
ワクワクします♫😁

イメージするカタチを不器用ながらも作成💡
違いを出しながら複数個作成してみます…

 
これが当然ながらすぐに上手くいかないんですよね(爆笑)
1発目なんてお見せするのが恥ずかしいレベルです…

『まずは作る事に意義がある❗️』ってね♫

 

なんとも微妙な仕上がりですが海で動きを確認💡

正直・・・
【魚が集まる動き】とは違うなぁ…

さぁどう修正するか思案しながら実釣テスト。

釣れます。
釣れるんですが…
アタリの大きさや感覚など、正直インパクト不足が否めない…

 
その場で修正💡
ロッドを通して感じる動きにも変化が感じられ、アタリも良い感じに変化♫

 

 
やはりここは攻めないといかんかなと痛感

さぁ更に修正をします。

 

 

【釣具のポイント横浜港南台店】ご来店ありがとうございました!

ClearBlue Night in 神奈川 2018.7.22

関連記事

  1. 【これで決まりか!】ハンドメイドワーム開発ストーリー⑦

    2018.09.20
  2. 【修正してみる】ハンドメイドワーム開発ストーリー③

    2018.08.24
  3. 【海中動画】Sexy-B2.0 開発ストーリー⑧

    2018.10.23
  4. 【生産に向けて】ハンドメイドワーム開発ストーリー④

    2018.09.06
  5. 【修正サンプル】ハンドメイドワーム開発ストーリー⑥

    2018.09.18
  6. 【ハンドメイド】新作ワーム開発ストーリー①

    2018.07.02
PAGE TOP